HOME > 会社情報 > トップメッセージ

トップメッセージ

中長期を睨んだ事業体質強化を進め、より持続的な収益基盤を構築するとともに、地域社会、お客様、株主の皆様、従業員の全てのステークホルダーからの一層の信頼を得られる企業を目指します

鹿毛 和哉

 当社グループは、2015年ユネスコ世界文化遺産に指定された「明治日本の産業革命遺産」に含まれる三池炭鉱に始まる国内最大の石炭採掘企業として、日本の近代化、戦後復興に大きな役割を果してまいりました。

 その後、国内石炭産業の斜陽化に伴う保有炭鉱の閉山処置等から2003年に経営上極めて危機的状況に直面しましたが、関係各位の多大なご支援のもとで、製鉄プロセスや金属精錬に不可欠なコークス製造販売事業を経営の柱としたメーカーへ変貌を遂げました。

 直近は、CDQ(コークス乾式消火設備)、廃プラステック添加設備新設、脱硫設備更新などでコークス事業収益力を高めるとともに、燃料販売、業界最先端の粉粒体機器をはじめとした機械・電気設備等の製造販売、資源リサイクル、不動産、物流サービス、国内石炭採掘・販売、IT(医療情報サービス等)などの非コークス分野での事業展開で、多面的な利益構造の企業体への転換を図ってきております。

 今後は、中長期を睨んだ効率的な経営資源の投下による事業体質強化を進め、より持続的な収益基盤を構築するとともに、企業倫理の徹底、環境保全への配慮、及び地域社会との共生などの社会を構成する一員として求められる責任を果たしていく所存です。

 これらの取り組みを通して企業価値を高め、グループ社員の総力をあげて、地域社会、お客様、株主の皆様、従業員の全てのステークホルダーからの一層の信頼を得られる企業を目指してまいります。

 引き続きこれまでと変わらぬご支援とご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

代表取締役 社長
鹿毛 和哉

Page Up