設備を守り、工場を守り、毎日の安全を守る。

北九州事業所

設備部 設備一課 設備一係 工長

壷井 翔太
2005年入社 / 技能職
機械科 卒

入社の決め手

私は工業高校の機械科の出身で、機械や設備に関わる仕事を志望していました。中でも、地元・北九州の一大産業である製鉄業に関わる仕事は大きな選択肢のひとつ。当社は、出身高校の先輩方も多く、担任の先生の薦めもあったので、入社を決めました。

この仕事の魅力

いつも通りの工場を、
いつも以上の整備で支えていく。

私は、北九州事業所の設備部という部署に所属し、日々、工場設備の点検や計画的な補修工事に取り組んでいます。担当しているのは、化成エリアと呼ばれる、コークス製造過程で発生する熱やガスを再利用するための設備が集まるエリア。私は工長という立場で、与えられた予算を管理しながら修繕計画を立案し、工事に際しては現場監督として、協力会社の作業員の方々の作業状況を管理しています。24時間365日稼働し続ける工場を止めず、いかに操業を守るか。人員の配置や補修方法を工夫しながら、計画的な補修と突発的な工事の両方への対応が求められる仕事です。この工場は設備の数も多く、老朽化している機械もあるため、配管のガス漏れなど、突発的なトラブルが発生するリスクも抱えています。だからこそ、日々心がけているのは、何か起きてから対処する事後保全ではなく、できるだけ何も起きないように整備する予防保全。万一トラブルが起きた際は、盆や正月でも関係なく、夜中であっても駆けつけなくてはならないという厳しさもありますが、自分のアイデアや提案で工事をうまく乗り切れたときは、この仕事の面白さを感じますし、億単位の規模の工事を無災害で乗り切ったときは大きな達成感がありますね。

私のターニングポイント

安全こそ最大のミッション。
心に誓った、大きな教訓。

入社2年目のときに、自分が担当していたエリアで大きな事故がありました。それまでも「安全第一」「安全最優先」という意識は持っていたつもりですが、それは頭だけで理解していたことだと思い知らされた出来事です。その日を境に、私の中で安全に対する意識が大きく変わりました。協力会社の作業員の方はベテランも多く、職人気質の方も多いので、年下の私は身だしなみなどについてあまり強く言えなかったのですが、ちょっとした作業でも安全帯の装着を徹底してもらうなど、曖昧にしていた部分もはっきりと指摘するようになりました。たとえ作業員さんたちにうるさい奴だと嫌われても、絶対に事故を繰り返さないために強い気持ちを持つこと。私たちは、工場の操業を守ると同時に、現場で作業する人々の安全も守らなければなりません。さまざまなプレッシャーもありますが、日々当たり前のことをいかに忠実に続けていけるか。私たちの仕事は、基本の徹底が求められる仕事でもあると思います。

日本コークス工業の魅力

オンもオフも、
家族のような仲間たちと共に。

この会社の良さは、人間関係に恵まれていることだと思います。現場の声にも積極的に耳を傾けてくれますし、誰でも意見を言える風通しの良い職場です。私の部署は結束力も強く、工場でトラブルが起きた場合でも、皆で迅速に協力しあって被害を最小限に食い止める風土があります。仕事を離れても日頃から仲が良く、毎年恒例の課内キャンプや、スノーボード、ツーリングなど、趣味の合う人同士で出かけることもあり、家族的な雰囲気もありますね。個人的には、仕事のやりがいももちろん大事ですが、一緒に働く人の人柄や職場の居心地は非常に重要だと思っています。ここにいる人たちが好きで、そういう人たちと一緒に仕事ができる。それが、この会社の一番の魅力だと思います。

ENTRY