ものづくりの現場を動かす大型プラントの構築に挑む。

化工機事業部

栃木工場 エンジニアリング部
プラント設計グループ

深川 毅
2007年入社 / 技術系総合職
工学部生物化学工学 修了

入社の決め手

大学で化学工学を専攻していたので、就職先として当社のコークス事業に興味を持ったのがきっかけです。当時は「三井鉱山」という社名で、男らしいイメージに憧れた部分もありましたね。しかし、栃木出身ということもあってか、配属は化工機事業部に。結果としてプラント設備の設計という化学工学の知識が活かされる職に就いています。

この仕事の魅力

業界の壁も国境も越えて、
さまざまな産業を支えていく。

入社以来、当社の粉粒体機器を中心としたプラント設備の設計を行なっています。おおまかには原材料の供給から始まり、自動的に分級、混合、粉砕して排出する。そのような、システム全体を構築する仕事で、社内の各部門と連携しながら、コストの見積もりから、設備の設計、工事計画の策定、納入先工場での工事施工、試運転、そしてお客様への引き渡しまで、つまり工場で生産が開始できる状態まで作るのがプラント設計の仕事です。この仕事の面白さは、電池材料や医薬品、食品など、さまざまな業界の最先端なものづくりに関われること。業界ごとに特色や決まりごとも異なるので、つねに新しい発見や知識が身につきますし、色々な業界の裏側を垣間見ることができます。工場によって生産量などの稼働条件、コストも変わってくるので、ものづくりに興味のある方は、飽きることなく仕事を楽しめると思います。お客様は全国各地、海外のさまざまな国にいらっしゃいますので、各地に出張し、貴重な体験ができることもこの仕事の魅力です。会社の名前が表に出ることは少ないですが、街中やスーパー等で自分が関わった商品を見つけた時は、ひそかに誇らしい気持ちになりますね。

私のターニングポイント

プロの依頼に、プロの魂で応える。
ともに難局を乗り越えたベテラン設計者の姿。

ターニングポイントになった仕事は、入社6年目で担当した大型設備です。当社でもなかなか扱わないような大きな機械を2台入れる大規模なもので、しかも、納期が通常の3分の2ほどしかない非常にタイトな案件でした。設計自体の難易度も高く、途中さまざまな仕様変更やトラブルにも見舞われました。もちろん、お客様も自社工場増強の社命を受けているので必死です。失敗すれば、次の仕事はライバルの会社へと移ってしまうでしょう。私はプロジェクトリーダーとして、多くの設計者に協力を仰ぎながら、ひとつひとつ迅速な対応を心がけました。中でも印象深かったのは、大ベテランの先輩設計者の姿で、たとえ作業が夜中に及んでも「これは俺の仕事だから」と、私と一緒になって戦ってくださったこと。身をもってプロとしての姿勢を教えてもらったような気がします。おかげさまでお客様にも満足していただき、同規模の案件をもうひとつ受注することもできました。お客様も我々が提供する設備で商売をする正真正銘のプロフェッショナル。そのような方々のニーズに応えられたことに大きな達成感を感じましたね。当時は無我夢中でしたが、今思えばこの仕事が、私を設計者としても社会人としても大きく成長させてくれたターニングポイントだったと思います。

日本コークス工業の魅力

たしかな事業基盤を背景に、
思い切りチャレンジできる環境がある。

歴史のある会社なので、確かな技術ノウハウを持っており、技術者を目指す方にはお薦めの職場だと思います。粉体業界で大規模の設備を担当できる会社は限られているので、会社の母体もしっかりしていて、大きなプラントまで受注できるのは私たちの強みですね。また、社内には、仕事に対してピュアで一生懸命である先輩方が多く、特にシニア社員の方々の熱意やプロフェッショナル魂は本当に尊敬しています。職場の風通しも良く、ボトムアップ型で現場の意見を尊重してくれますし、実際、経営陣と若手・中堅社員の交流も活発です。会社の福利厚生面もしっかりしているので、安定して仕事に取り組めますし、栃木は住みやすいと思うので、将来的に家を持ちたいと考えている方にも良い場所だと思います。

ENTRY