ようこそ、ものづくりの熱源へ。

コークスとは WHAT’S COKEコークスとは WHAT’S COKE

コークスは、あらゆる産業の出発点。コークスは、あらゆる産業の出発点。

コークスとは、石炭を原料とする製鉄用の燃料のこと。
石炭を蒸し焼きにして抽出した高純度の炭素の塊で、
高い発熱量と強度で鉄の原料となる鉄鉱石を溶かす力を持ち、
鉄づくりに欠かせない燃料として、
さまざまな産業の源となる鉄鋼業を支えています。

あの鉄も、この鉄も、コークスから生まれた。あの鉄も、この鉄も、コークスから生まれた。

  • 自動車自動車

    ボディー、シャシー、エンジン、サスペンション、タイヤのスチールコードなど

  • 建設建設

    高層ビルやマンションの基礎・柱、トンネル、橋梁、港湾など

  • 鉄道鉄道

    レール、車体、台車、車輪、車軸など

  • 電器・家電製品電器・家電製品

    テレビ、洗濯機、冷蔵庫、自動販売機、OA機器など

  • エネルギー・造船エネルギー・造船

    プラント設備、海底パイプライン、LNGタンク、船舶用鋼板など

  • 容器容器

    飲料缶、缶詰、電池用外装缶など

用途に応じて、さまざまなコークスを製造。用途に応じて、さまざまなコークスを製造。

  • 高炉用コークス高炉用コークス

    高炉用コークス

    製鉄所の高炉において、鉄鉱石を溶かすための熱源として、また鉄鉱石に含まれる酸素を取り除く還元剤として、さらに溶けた鉄や還元ガスの通路を確保するスペーサーとして、コークスは鉄づくりに欠かせない役割を果たしています。

  • 鋳物用コークス鋳物用コークス

    鋳物用コークス

    自動車のエンジンやホイール、産業機械などを鋳造するために、金属を溶かすための熱源として高い熱量を発するコークスが使われています。

  • 一般用コークス一般用コークス

    一般用コークス

    コークスの粒度や性質によって、非鉄精錬、石灰焼成、合金鉄製造、各種化成品製造など、さまざまな用途に用いられています。

コークスができるまでコークスができるまで

  • STEP 01

    原料炭受け入れ原料炭受け入れ

    世界各国からさまざまな銘柄の石炭を調達。大型外洋船2隻が同時接岸でき、最大15万トン級の大型船も接岸できる自社専用埠頭で、アンローダーと呼ばれる石炭陸揚げ設備を使って荷揚げし、銘柄別に貯炭場へと搬入します。

  • STEP 02

    粉砕・配合粉砕・配合

    コークス用石炭は、入荷時に自社分析所で品質チェックを行い、厳しい検査をクリアした石炭を製造に適した粒度に粉砕。求められるコークスの品質に合わせて、さまざまな銘柄の石炭を配合します。

  • STEP 03

    コークス炉コークス炉

    粉砕・配合された石炭を、無人装炭車でコークス炉に装入。当社は、計200門のコークス炉を配備し、約1,200℃の高温で17時間蒸し焼きにされた石炭は、赤熱コークスとなって炉外に押し出されます。

  • STEP 04

    消火 (コークス乾式消火:CDQ)消火 (コークス乾式消火:CDQ)

    真っ赤になったコークスを循環ガスによって消火し、発生する熱量を電力に変換。毎日、北九州市の家庭使用電力の約5分の1相当(約90万kW)を発電し、工場内のすべての電力を賄うとともに、余剰電力を新日鐵住金(株)の八幡製鐵所や、地元企業へと売電しています。

  • STEP 05

    出荷出荷

    生成されたコークスは、厳しい品質チェックを受け、コークスヤード(貯骸場)で保管された後、国内の各製鉄会社、非鉄金属会社、自動車メーカーはもとより、アメリカ、ブラジル、インドなど広く海外へと出荷されます。

  • STEP 06

    エネルギー再利用エネルギー再利用

    原料炭の4分の3がコークスとなり、残りの4分の1は、ガス生成工程を経て、水素が主成分であるCOG(コークス炉ガス)や、軽油、タールなどの化成品として回収、再利用されています。