日本コークス工業とは

創業以来120年余り、さまざまな苦難を乗り越えて
日本のものづくりと経済成長を支えてきた日本コークス工業。
近代から現代、そして未来へと時代が変わっても、
つねに挑戦し続ける精神は変えることなく、
より豊かな社会に貢献することが、私たちの使命です。

日本コークス工業の歩み

1889
(明治22年)
1911
(明治44年)

三井組が大蔵省より官営三池炭鉱の払い下げを受け、のちに三井鉱山株式会社を設立。国内最大の炭鉱会社として、日本の近代化に一定の役割を果たし、三池炭鉱関連施設は「明治日本の産業革命遺産」として、2015年ユネスコ世界文化遺産に登録。

1945
(昭和20年)
1950年代後半
(昭和25年〜)

戦後復興に寄与する一方、財閥解体によって、金属部門(現三井金属鉱業)を分離。エネルギー革命の進展によって経営多角化を推進し、コークス事業、機械事業などへ進出。

1960
(昭和35年)

三池争議などの労働争議頻発により企業体力を消耗。国の石炭政策の下、石炭事業の安定化と多角化を図る。三井鉱山コークス工業(株)を設立し、コークス事業に本格参入。

1964
(昭和39年)

ヘンシェルミキサ(混合機)及びアトライタ(粉砕機)の製造工場として、化工機事業部の前身となる(株)三井三池製作所栃木工場の操業を開始。現在に至るまで、粉粒体機器の製造販売を続けている。

1979
(昭和54年)

三井鉱山豪州社(現 NCE Australia Pty Ltd)設立。石炭採掘企業として培った知見や技術を生かして、海外炭の調達を開始。石炭の採掘地から最終消費地をつなぐコールチェーンを構築し、現在の燃料販売事業へとつながるエネルギービジネスを展開。

1997
(平成9年)
2008
(平成20年)

三池炭鉱閉山に伴い、国内石炭採掘事業から撤退。平成15年に産業再生機構の支援を受けて、新たな三井鉱山(株)として再出発。北九州事業所1Aコークス炉の再稼働やCDQなどの最先端設備の設置に加え、世界的な鉄鋼・資源高などのフォローの風を捉え業績が急回復。経営基盤が強化された。

2009年
(平成21年)

三井鉱山(株)から日本コークス工業(株)に商号変更。コークス事業、燃料販売事業、化工機事業の3事業を中心に、日本のものづくりを支え続けている。

会社概要

商号 日本コークス工業株式会社
本店所在地 東京都江東区豊洲3丁目3番3号
創業 明治22年
資本金 70億円
売上高 1,130億円(平成29年度見込)
従業員数 1020名

事業拠点

  • 本店

    東京都江東区豊洲3丁目3番3号

  • 北九州事業所(コークス事業、燃料販売事業)

    北九州市若松区響町1丁目3番地

  • 栃木工場(化工機事業)

    栃木県栃木市国府町1番地

海外拠点

  • NCE AUSTRALIA PTY. LTD.

    保有権益の投資管理、原料炭と一般炭の仕入およびデリバリー業務のサポート

    Suite 707, Level 7, 109 Pitt Street, Sydney NSW 2000

  • NIPPON COKE & ENGINEERING USA, INC.

    石油コークス仕入手配およびデリバリー、北米/南米におけるコークス輸出マーケティング、石炭(一般炭/原料炭)の情報収集、日本コークス工業 化工機事業部が製造販売する粉粒体機器の米国での販売

    3838 CARSON ST., SUITE 206 TORRANCE, CA 90503

  • 化工機事業部 上海事務所

    中国・東南アジア地域における、粉粒体機器及びプラント類に係る情報収集、市場調査。

    上海市長寧区虹橋路1438号古北財富中心5F 57号

グループ会社

  • 日本コークス工業東北株式会社

    日本コークス工業 北九州事業で生産するコークスを、宮城県塩釜市の専用施設で保管・管理し、東日本エリアに販売。輸入石炭も取り扱う。

    宮城県塩釜市尾島町16-14

  • 三池港物流株式会社

    九州西岸有数の荷役能力を誇る三池港を拠点に、港湾運送事業、その他輸送関連事業を展開。日本コークス工業が輸入する発電用石炭を始め、バイオマスエネルギー(PKS)、コンテナ、プラント等を取り扱う。

    福岡県大牟田市新港町1番地

  • 有明機電工業株式会社

    真空チャンバー・制御盤・産業機械・粉粒体機器の製造と、機械及び電気・メンテナンス工事部門の総合エンジニアリング会社として事業展開。

    福岡県大牟田市西港町1-20-1

  • サン情報サービス株式会社

    三井鉱山グループ3社の情報システム部門が独立した会社。現在は医療情報システム、金融系システム、業務系基幹システムの開発、導入支援に強みを持つ。

    東京都文京区本郷3-15-9 SWTビル6階

  • 三美鉱業株式会社

    三美炭鉱にて石炭を露天採掘し、電力会社に供給。併せて北海道有数の規模の4,200haの山林を所有し、造林事業・山林経営を展開。

    北海道美唄市字美唄180番地

  • サンテック株式会社

    豊富な経験と技術力により、日本コークス工業 化工機事業部で製造販売する粉粒体機器の改良、改造、修理、点検等のメンテナンスや、部品の製作・販売を行う。

    栃木県栃木市国府町1番地

ENTRY