HOME > 事業紹介 > コークス事業

コークス事業

国内から、海外まで。
高品質なコークスを、環境を見据えて安定供給。

鉄鉱石から鉄を造るための還元材・熱源等として、また、非鉄金属類の精錬に欠かせない“コークス”。当社は、あらゆる産業の“スタート地点”であるモノ造りに欠かせない高品質なコークスを安定供給しています。

日本屈指のコークス生産拠点(年間生産能力210万トン)である、当社北九州事業所では、合理化・高効率化を追求し、他の追随を許さない、高品質な高炉用・鋳物用コークスを供給し続けています。
長年築き上げてきた、原料配合技術・焼成技術は市場より高い評価を受けており、国内のみならず、海外の高炉メーカーにも輸出しています。

また“強靭な事業体”確立のため、生産コストの削減や環境負荷軽減をも視野に入れた製造技術の革新、これらを実現するための設備投資も積極的に推進しています。
具体的には、生産コストの削減に関しては、コークスの原料炭調達ソースの多様化と原料配合の最適化を通じて、原料コストの削減に取り組んでいます。
設備面では、全コークス炉にCDQ設備(コークス乾式消火・発電設備)を設置し、コークス製造過程で発生する熱を回収、電力として再利用し、事業所内の全電力を賄う他、余剰電力を新日鐵住金株式会社(八幡製鉄所)に供給しています。

この他、コークス生産により発生するガスをクリーンエネルギー化のうえ、コークス焼成に再利用、余ったガスは同じく新日鐵住金株式会社(八幡製鉄所)に供給するなど、コスト削減に加え、省エネルギーやCO2削減を同時に実現しています。
更にこの他、ガス精製過程で得られるタール・軽油・アンモニアは化成品として販売しています。
高品質なコークス生産により産業を力強く牽引し、同時に環境にも配慮した事業展開を行っています。

 

コッパース式コークス炉
コッパース式コークス炉

石炭調湿設備(CMC設備)
石炭調湿設備(CMC設備)

コークス乾式消火設備(CDQ 設備)
コークス乾式消火設備(CDQ 設備)

無人装炭車
無人装炭車

原料炭配合槽
原料炭配合槽

Page Up