HOME > 会社情報 > 沿革

沿革

1889年 三井組が、大蔵省より官営三池炭鉱の払い下げを受ける。
1911年 三井合名会社より独立し、三井鉱山株式会社設立。
1950年後半から エネルギー革命の進展の中、経営多角化を推進。
コークス、機械事業などへ進出。
1988年 コークス炉1基を休止。
1993年 三井三池化工機株式会社を合併。エンジニアリング部門の強化。
1997年 国内石炭採掘事業から撤退。
2006年 休止コークス炉再稼動工事竣工。
2008年10月 新日本製鐵株式会社(現新日鐵住金株式会社)および住友商事株式会社の持分法適用関連会社となる。 (両社の持分比率は、それぞれ21.7%。)
2009年4月 三井鉱山株式会社から日本コークス工業株式会社へ商号変更。

1898年頃 勝立坑
1898年頃 勝立坑

2006年 再稼動した1Aコークス炉
2006年 再稼動した1Aコークス炉

Page Up